必需品はパキシルとデパス|うつ病在宅治療の方法

必需品はパキシルとデパス|うつ病在宅治療の方法

純国産のクスリ

デパスとは、うつ病などの精神疾患以外にも使用されるクスリであり、第一選択される抗不安薬となっています。
また多くのジェネリック医薬品が登場しており、ここで紹介することはしませんが、非常に多くの種類が存在します。
非常に優秀なクスリなので多くのジェネリック医薬品が作られるのです。
また抗不安薬に限らず、様々なクスリは海外で研究開発されるのがほとんどですが、このデパスは日本の吉富製薬が作った国産のクスリとなっています。
不安を取り除く作用があったり、睡眠導入剤としての作用もあるため不眠症の人にも作用します。
また筋弛緩の作用があるので、肩こりや腰痛にも効果があり、痙攣性の病気にも作用してくれます。
作用を見るだけでも万能薬であるということが簡単にわかるクスリです。
作用が強いにも関わらず副作用が少なく、ふらつきや眠気が挙げられます。
ですが、1つだけ注意しなければならない副作用があり、それは依存症です。
このクスリは身体がすぐに慣れてしまい長期間使用した場合には、ほとんど効果が感じられなくなってしまいます。
なので、服用量が増えたり、より長い期間服用してしまいがちなクスリであり、半減期も短時間のため、すぐに身体から抜けてしまうので、1日の服用量も多くなってしまいがちです。
そうなるとすぐに依存症になってしまい、クスリから離れることができなくなってしまいます。
また依存症に伴って発現してしまうのが、離脱症状です。
うつ病の場合であれば、離脱症状が起こると、抑うつな状態に似たなどが起こり、非常につらい思いをしなければならなくなってしまいます。
こういった副作用が出てしまうと、自力での離脱は難しく、病院での治療が必要になる場合もあります。
長期連用や常用するクスリではなく、特に辛いときに服用する補助薬くらいに思っておいた方がいいです。
恐ろしい副作用ですが、医師の指示通りに服用すれば、そこまで気にする必要はないので、きちんと決められた服用方法で治療するようにしてください。