必需品はパキシルとデパス|うつ病在宅治療の方法

必需品はパキシルとデパス|うつ病在宅治療の方法

デパスってどんな薬?

精神科や、心療内科などに通ってる方は一度は聞いたことがあるであろう薬でデパスというものがあります。
基本的に穏やかな作用に抗うつ剤で、多種多様に使用されてます。
チエノジアゼピン系と呼ばれる抗不安薬で、ベンゾジアゼピン系と同じ作用だと言われてます。
うつ病の症状の、不安や緊張などを取り除いてくれる抗不安作用があり、他にも筋緊張緩和作用もあり、肩こりや頭痛、腰痛にも効果があります。
若年性の更年期障害や、自律神経失調症、心身症などにも処方されます。
日本の製薬会社が製造販売している薬で、日本国内で処方されている抗不安薬の中では一番のシェア率だと言っても過言ではありません。
副作用も少なく、依存性も少ないとの事から、処方されやすい治療薬となってます。
薬自体に、睡眠作用があるわけでは無いのですが、入眠時の不安や緊張などを取り除いてくれることで、自然と入眠しやすくなります。そこで睡眠薬代わりに服用している方も多いです。
私も以前、少しの期間ですが服用していたことがあります。
少し睡眠に難ありで、処方してもらったのですが、今まで不眠で悩んでたのが嘘のように、すぐ眠れるようになりました。
服用して、布団に入り、気付いたら、朝になってたみたいな感じでびっくりするほどよく眠れました。
そして、動悸も少しあったのですが、それも全くなくなり、落ち込むこともなくなりました。
私は頓服として服用していたので、毎日服用していたわけではないのですが、お守りとして、いつも鞄の中にあります。
抗うつ剤となると、一番心配なのは副作用だと思います。
特に依存症になってしまうのでは?とお悩みの方多いと思います。
依存症は、薬が無いと、不安になったり、余計ねむれなくなったり、時には日常生活に使用をきたしてしまったりと、大変なことになります。比較的、依存性の少ないと言われてるデパスですが、やはり、長期にわたって服用していたり、多量に摂取してしまったりなどの事から、依存してしまう場合があります。
副作用も全くないわけでは無いですので、服用する際は必ず過剰な摂取などしないよう心がけましょう。
うつ病の患者にとってなくてはならない存在となってます。いつかは服用しなくても大丈夫なようになるといいですね。
服用し、問題や、副作用、心配なことがあった場合は必ずかかりつけ医などに相談してください。
自分だけで悩んでいても解決できないので、注意しましょう。